「マツダ アテンザ」、世界累計生産台数100万台を達成

マツダ株式会社は、「マツダ アテンザ」(海外名:Mazda6)の世界累計生産台数が2006年2月末の時点で100万台を越えたと発表した。2002年2月に同社防府第2工場で生産を開始して以来、4年1ヵ月での達成となる。これは、同社の単一車種の累計生産100万台達成としては過去最短の期間である。

 同車は防府第2工場に続き、2002年10月より米国ミシガン州のオートアライアンス・インターナショナル(AAI)で生産を開始。さらに2003年1月には中国吉林省長春市の一汽乗用車有限公司(FCC)で生産を開始し、マツダの基幹車種のひとつとしてグローバルな規模での生産体制を確立した。


「マツダ アテンザ」は、マツダのブランドメッセージである“Zoom-Zoom”を体現する新世代商品群の第1弾として2002年に発売された。4ドアセダン、5ドアスポーツ、スポーツワゴンの3つのバリエーションを持つ「マツダ アテンザ」は、精悍でスポーティなスタイリング、優れたハンドリングと快適な乗り心地の両立、巧みなパッケージによる広い室内、クラフトマンシップによる造りこみ等の点でお客様からご好評を頂いている。

 同車は、日本の「2003RJCカーオブザイヤー」受賞をはじめ、これまでに全世界で110を超える賞を受賞するなどメディアやお客様から高い評価を受けており、グローバルに好調な販売を継続している。

 マツダの井巻 久一 代表取締役社長兼CEOは次のように述べている。
「世界中で競合環境が厳しい中、マツダが新世代商品群の第1弾として導入したマツダ アテンザの生産が短期間で100万台を越えたことを大変嬉しく思う。これは多くのお客様から我々の商品づくりが支持された証であり、今後もさらにZoom-Zoomを体現したお客様の期待を上回る商品を提供していきたい。」

 国内市場において同車は2005年6月にマイナーチェンジモデルを発売したほか、同年8月にハイパフォーマンスバージョン「マツダスピード アテンザ」(北米での車名はMazdaspeed6、その他の海外市場ではMazda6 MPS)を追加するなど、商品力向上と商品ラインアップの強化を図っている。

./../js/back_footer.js">

comments powered by Disqus

Articoli precedenti su DueMotori.com

Porsche CarreraGT Mirage GTR

Porsche CarreraGT Mirage GTR
in Novità auto

A New Wave of Pacifica Rolls Ashore

A New Wave of Pacifica Rolls Ashore
in Auto news